タイトル

ABOUT SOCCER

サッカー(Soccer)は、数あるフットボールのうち、アソシエーション・フットボールないしはアソシエーション式 フットボール等と示される、スポーツ競技のひとつ。他のフットボールと比較して、手の使用が極端に制限される という大きな特徴がある。1チームは基本11人。少なくとも7人以上いれば試合ができる。2チームが敵味方となり、 1個のボールを主に足を使って移動させ、自チームのゴールを守りつつ、相手チームのゴールへと運ぶ。 相手ゴールにボールが入ると得点が1加算される。試合は制限時間の満了によって終了し、 時間内により多くの得点を記録したチームが勝ちとなる。足を使うことが基本であるが、手と腕以外の部分であれば 使って良い。手や腕でボールを故意に扱った場合は反則となる。各チームには1人だけ、ゴールキーパーという ゴールを守る特別な役割のプレーヤーを置くことが定められている。ゴールキーパーだけが、自ゴール前の一定の 領域(ペナルティエリア)内に限り、手を含む全身でボールを扱うことを許される。

サッカー (soccer) という名称は、「(協会式)」(Association Football) が転化した物である。 イングランドで19世紀後半に流行った、語尾に「 -er 」をつけるという通称のつけ方に由来し、 同時期にラグビーがイングランドでラガー (rugger) と呼ばれたこととも共通する。「サッカー」と言う呼称は、 他のフットボールと区別する必要がある場合に用いられやすい。サッカー以外のフットボールの方が普及し認知されている国では、 区別のために「サッカー」が用いられる傾向が強い。「フットボール」という呼称は、例えばアメリカではもっぱら アメリカンフットボールを指し、日本では「フットボール」という言葉を用いてサッカーだけを思い起こすことは難しいため、 「サッカー」を用いて端的に区別する必要が生じる。なお、協会名称に「サッカー」に当たる語を使用しているのはアメリカ、 カナダなど4協会のみで、日本協会は便宜的に国内でのみ使用している(日本語表記は「日本サッカー協会」であるが、 英語表記では Japan Football Associationとしている)。(Source:Wikipedia)

Association football, commonly known as football or soccer, is a sport played between two teams of eleven players with a spherical ball. At the turn of the 21st century the game was played by over 250 million players in 200 countries making it the world’s most popular sport. The game is played on a rectangular field of grass or green artificial turf, with a goal in the middle of each of the short ends. The object of the game is to score by driving the ball into the opposing goal. In general play, the goalkeepers are the only playersallowed to touch the ball with their hands or arms, while the field players typically use their feet to kick the ball into position, occasionally using their torso or head to intercept a ball in midair. The team that scores the most goals by the end of the match wins. If the score is tied at the end of the game, either a draw is declared or the game goes into extra time and/or a penalty shootout, depending on the format of the competition. The Laws of the Game were originally codified in England by the Football Association in 1863, and have changed significantly since that time. Association football is governed internationally by FIFA, which organises the FIFA World Cup every four years.(Source:Wikipedia)

HISTORY of SOCCER

人類としての歴史が始まった頃から人類はある種のフットボールを行っていたと思われる。 新石器時代(紀元前約1万年前)の現中国地域の地層から石の球が発見され、中国マスコミはこれをサッカーの起源として報道したが、 蹴った証拠は見つかっていない。南米ではアマゾンの熱帯雨林からゴムが採れた為、早くからボールを蹴る競技が行われていた。 パタゴニアやアンデスのインディオ文明からは、様々なボールや、ボールを蹴る競技の証拠が見つかっている。 足でボールを蹴る遊戯は、考古学的には、古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマから足でボールを蹴る人物のレリーフが 発見されている。文献や出土遺物でなく、現代まで人により伝承されているものとしては、中国の蹴鞠が日本に伝わり、 独自の発達を遂げた日本の平安京の「蹴鞠」が最古である。蹴を「け」、鞠を「まり」と読む。

フットボールやカルチョのような遊びは近世末までヨーロッパ各地で行われていた。 ところが18世紀中頃から19世紀にかけて勃興した産業革命によって、大量の工場労働者を生み出すために 農村の共同体が崩壊させられると次第に廃れていった。農村の代わりにフットボールをレクリエーションとして受け入れ、 近代的な「スポーツ」として成立させたのがイングランドにおけるパブリックスクールである。パブリックスクールでも当初は 農村での遊びに近い形態で行われていたが、次第に子弟教育の一環のスポーツとして体裁が整えられて行った。 この時点でのフットボールは学校毎にルールが異なり、他校との試合の際はその都度ルール調整のための話し合いが持たれていた。 しかし、これでは手間もかかる上、ルールに対する理解に齟齬を来たすため、しばしばルール統一を目指した協議が行われた。 そのため共通ルールが1846年ケンブリッジ大学で立案された。これが現在のサッカーのルールの基になった。

イングランドのパブリックスクールで始められたサッカーは、パブリックスクールのOBを中心に早い段階から イギリス各地域に広まっていった。1870年、ロンドンにおいて“非公式”ながら、世界初の国際試合がイングランドと スコットランドの間で行われ、1-1で引き分けに終わった。1872年には、世界で最初の“公式”国際試合が、パトリックにおいて、 イングランドとスコットランドの間で実施された。スコアは0-0で、またもや引き分けに終わった。その後1880年代までに、 スコットランド、ウェールズ、アイルランドではサッカー協会が結成された。19世紀後半のイギリスは世界中のあらゆる場所に 進出する大英帝国であったので、サッカーが世界中に伝播されるのに非常に都合がよかった。 サッカーは最初海外に進出するイギリス人が駐在先でプレーしたことによって伝えられた。

サッカー大会開始の歴史はイングランドで、1872年に最初のサッカー大会となるFAカップが開始されたことにはじまります。 これは他の多くの国、地域でのカップ戦のモデルになっている。FAカップでは最初アマチュアクラブや、 大学チームが活躍していたが、1880年代に入ると、生活保障を受けるプロフェッショナルプレーヤーが誕生しこれを主体とした クラブが上位を占めるようになった。こうした国内強豪クラブを集めて実施されたのが1888年から始まったフットボールリーグである。 (Source:Wikipedia)

Games revolving around the kicking of a ball have been played in many countries throughout history. According to FIFA, the "The very earliest form of the game for which there is scientific evidence was an exercise from a military manual dating back to the second and third centuries BC in China." The modern rules of association football are based on the mid-19th century efforts to standardise the widely varying forms of football played at the public schools of England. The history of football in England dates back to at least the eighth century

Today, football is played at a professional level all over the world. Millions of people regularly go to football stadiums to follow their favourite teams, while billions more watch the game on television or on the internet. A very large number of people also play football at an amateur level. According to a survey conducted by FIFA published in 2001, over 240 million people from more than 200 countries regularly play football. Football has the highest global television audience in sport.In many parts of the world football evokes great passions and plays an important role in the life of individual fans, local communities, and even nations. The Cote d'Ivoire national football team helped secure a truce to the nation's civil war in 2006 and it helped further reduce tensions between government and rebel forces in 2007 by playing a match in the rebel capital of Bouake, an occasion that brought both armies together peacefully for the first time. By contrast, football is widely considered to be the final proximate cause in the Football War in June 1969 between El Salvador and Honduras. The sport also exacerbated tensions at the beginning of the Yugoslav wars of the 1990s, when a match between Dinamo Zagreb and Red Star Belgrade devolved into rioting in March 1990.(Source:Wikipedia)

WOMEN's SOCCER

女性が選手としてプレーするサッカーであり、約100年以上にわたって行われてきた。 しかし黎明期は慈善活動や運動の一環として行われており、1970年代に女性のサッカーが組織化され、進歩への道程を歩み始めるまでは、 サッカーといえば「男性のためのスポーツ」という見方が大勢であった。近年では女子サッカーの全国リーグの数は少しずつ増加しており、 リーグがない国においては各種カップ戦が行われている。女子サッカーは存在を認められるまで、長きに渡り苦闘を経験してきた。 1920年代初頭、イギリス国内で女子サッカーが最初の黄金時代を迎えていた時代、いくつかの試合では50,000人を超える 観客を集めていたが、1921年、イングランドサッカー協会において会員であるクラブによる投票が行われた結果、 1971年にこの決定が撤回されるまで、女子サッカーはイングランド国内において排除されることとなった。

日本のサッカーにおける女子サッカーの歴史はそれほど長くない。1960年代から70年代にかけて競技を行う女性が少しずつ見られはじめ、 1966年に神戸市立福住小学校で「福住女子サッカースポーツ少年団」が誕生。同じ年には神戸女学院中学部の3年生によるチームも誕生し、 翌1967年にはこの2チームによる対戦が、神戸市王子陸上競技場で開催された「第1回神戸サッカーカーニバル」での一戦として行われた。 この試合では主審および2名の副審も、すべて女性が担当した。日本女子サッカーにおける初の国際試合は、1978年に台湾で開催された 第2回目のAFCアジア女子選手権へのFCジンナンの出場である。その後チキンフットボール選抜や神戸FCレディースによる香港への 遠征が行われた。2007年、なでしこジャパンは第5回FIFA女子ワールドカップに出場。翌2008年には東アジア女子サッカー選手権2008で 優勝し、女子代表として初タイトルを獲得し、さらに同年8月の北京オリンピックでは第4位となった。(Source:Wikipedia)

Women have been playing association football since the first recorded women's game in 1895 in North London. It has traditionally been associated with charity games and physical exercise, particularly in the United Kingdom. This perception began to change in the 1970s with the breakthrough of organised women's association football. Association football is the most prominent team sport for women in several countries, and one of the few women's team sports with professional leagues.(Source:Wikipedia)

RULE of SOCCER

サッカーのルールは全17条の項目であるサッカー競技規則と、これ以外の国際サッカー評議会(IFAB)の決定に基づく 国際サッカー連盟(FIFA)からの通達によって構成されている。 実はFIFAではなく、国際サッカー評議会(IFAB)がルールを決めている。

    出場人数
    11人以下。但し、そのうち1人は必ずGKであること。どちらかのチームが7人未満の場合は試合を行わない。 また、試合中に7人未満になった場合は試合を中止とする。
    試合時間
    前後半45分の計90分。
    途中の選手交代や負傷などによる中断時間を審判員が独自に計測し、その分の余剰時間(ロスタイム)を付ける。

    [延長戦]トーナメント戦で次のラウンドに進むチームを決める場合に行われることが多い。
    [引き分け]各国リーグではそのまま引き分けにする場合が多い。
    時間内に決着がつかなければ次のように取り扱われる。時間内に決着がつかなければ次のように取り扱われる。
    [引き分け]各国リーグではそのまま引き分けにする場合が多い。
    [延長戦]トーナメント戦で次のラウンドに進むチームを決める場合に行われることが多い。
    [PK戦]延長戦でも勝者が決しない場合に行われる。ごくまれに、延長戦を行わずにPK戦を行う場合もある
    オフサイド
    相手側ゴールラインより前に相手側の選手が2人(GK含む)の時に、相手選手達より前、 あるいは間に味方が立ち、その味方にボールを蹴り出す行為。または、ボールに関与する動きをすること。
    フリーキック
    反則を犯したチームへの罰として相手チームによって試合を再開させるキック。 直接得点できる直接フリーキックと、ほかのプレーヤーに触れてからでないと得点できない間接フリーキックがある。
    ペナルティーキック
    ペナルティーエリア内で反則を犯したチームへの罰として相手チームに与えられるキック。 ゴールから11mの位置から、GK以外に妨害されることなく直接得点を狙うことができる。
    スローイン
    タッチラインを割ったときに最後に触れた選手の反対のチームが、ボールが割った位置で頭上で両手を使って ボールを投げ入れて試合を再開する。直接ゴールを狙うことはできない。
    ゴールキック
    ゴールラインを割ったときに最後に触れた選手が攻撃側だった場合、守備側がゴールエリア内にボールを置いてキックで再開する。
    コーナーキック
    ゴールラインを割ったときに最後に触れた選手が攻撃側だった場合、守備側がゴールエリア内にボールを置いてキックで再開する

    (Source:Wikipedia)

POSITION of SOCCER

    [ゴールキーパー]
    ゴールを守る選手。唯一ペナルティエリア内で手でボールを扱うことができる。 ペナルティエリアを出てボールを扱うこともできるが、その場合は他のプレーヤー同様、手の使用は禁じられる。
    [ディフェンダー]
    主に後方で守備を行う選手。
    [ミッドフィールダー]
    主に中盤で守備と攻撃とをつなぐ選手。
    [フォワード]
    主に前線で攻撃を行う選手。
    [ボランチ]
    中盤の底に位置し、攻撃の起点となる選手。ゾーンプレス戦術で重要なポジション。
    [リベロ]
    ポジションの位置的な縛りを受けず、自由に動く選手。
    [スイーパー]
    ディフェンダーとキーパーの間に位置し、守備において最終的なケアをする選手。
    [ウィング]
    フォワードを3トップにしている時の両翼に位置する選手。
    [ユーティリティープレイヤー]
    複数のポジションをこなせる選手。(ポリバレント)

    (Source:Wikipedia)